30歳スタート!まさかの卵巣嚢腫に…。開腹手術をした2016

ある日突然…女性の大切な臓器の病気が発覚。

結婚して1年…
卵巣嚢腫(チョコレート嚢胞)との戸惑いや不安との戦いを記録として残していきます。

手術当日後半

ちなみに今回の私の病状は

右の卵巣に8〜9㎝のチョコレート嚢腫+子宮内ポリープあり。


チョコレート嚢腫→手術となった時点で

即ネットサーフィンし色々調べてみたり

経験者の方のブログを読み漁ってみたり

自分なりに知識をつけようと調べていて

肝心な手術方法はおおまかに2つあるとの事。


腹腔鏡下手術と開腹手術の2つ。


最初の希望は傷跡が目立ちにくく手術→入院期間が短く社会復帰も早めに出来る!

と言われている腹腔鏡下手術が希望でした。


だが、残念な事にこのチョコレート嚢腫の大きさでは腹腔鏡下手術は難しいと判断。


その為、チョコレート嚢腫を綺麗に取り除くには開腹手術が一番良い選択肢だと言われ…

お腹を開くと言う考えたこともない現実を受け入れるには時間が掛かりました。


でも、良い方向に考えればこうなった以上

他に悪いものがあるかも知れないから同じ手術なら開腹して先生の目でしっかり悪いものを取り除いてもらうのが一番。


旦那のこの言葉に嫌々ながら納得する…

いや、納得しないともう選択肢がないから。


このまま放っておくと卵巣が破裂したり

卵管が捩れてしまったり最悪の場合はいずれガン化する可能性もある。


だからしっかりと今ある腫瘍を取り出し病理検査に出す事が今一番の出来ること!との事。


それを聞かされたらもう手術します。しか言いようがない。


でも、手術説明を旦那と聞かされて同意書にサインをした時には嚢腫の大きさ的に〝右の卵巣、右の卵管摘出〟は免れないだろうと。


ただ左の卵巣が無事であれば卵巣1つでも

妊娠は出来る!だから何も問題ない!と説明されました。


正直、頭には全然入ってこない。


今まで30年の間、卵巣2つの身体で生きてきた。

いきなり1つに減っても大丈夫!とか言われてもあ、はい。そうですか!とはならないよー。


でも、こればっかりは先生に任せるしかない。


お腹を開けてみなきゃ解らない事だもんね。と覚悟して手術が呼ばれるまで自分に言い聞かせてました。



↑ちなみに今回の手術についての同意書

これを見た時は大変な手術するんだなーと他人事みたいに思った。


15時 「◯◯さーん、手術呼ばれたので後5分でまた迎えに来まーす」


…ついにきた(((;°-°;))))


迎えになんか来ないでいい(T ^ T)と今さら何言ってんだか!と思われるかも知れないけど本気でそう思った。


お迎えがこんなに怖く感じたのは人生で初めてだw


半べそになりながらブルブル震える私をなだめる旦那。


ついに看護師さんのお迎えが…

患者を手術室まで送り出す事をオペ出しというらしい。


あまりに緊張して顔が引きっつてる私に

看護師さんが優しく声を掛けて肩をさすってくれた。


看護師さんって良い仕事だな。と心から思った。


さあ、手術室前、ここで旦那のちーさんにもお別れを告げ看護師さんと手術室に入る。


手術室に入った感想は…なんかドラマと違う!


ドラマみたいな空間よりはちょっとした作業場感がw


ドラマと比べてなんか安っぽいかんじw


あと意外だったのはオルゴール調の音楽が流れていた。


病棟の看護師さんから手術室の看護師さんに引き渡される。


名前、生年月日、今日はどこの手術をどう手術すると聞いてますか?など質問される。


もうここでは緊張MAX!


で、手術台に向かうまでの間にお世話になってる担当医のS先生が目に入った。

私に気付きニコッと笑って手を振ってくれた。

その瞬間、もう先生を信じて任せようと安心した事を覚えてる。


次にまずは手術台に座ってみてください。と…

手術台を見た瞬間、「狭っ!!」思わず声に出してしまった。

私、体はみ出たり手術中に台から落ちるんではないか?とそればっかりが気になったw


手術台に腰をかけると担当医の先生を筆頭に4〜6人の先生達に囲まれ挨拶をされる。


もちろん!緊張で先生の名前なんて覚えてる余裕はないw


挨拶を済ませると着ていたパジャマをどんどん脱がされてあっという間に裸にされタオルを掛けられる。


ついに!次の作業は…

今回の手術で私が一番恐怖を感じていた

〝硬膜外麻酔〟経験者の方のブログを見ると誰も

口を揃えて「クッソ痛かった!」との事。


未知なる痛さに恐怖感しかなかった。


猫みたいに身体を丸め背中に注射され麻酔の管?みたいなのを通される。


背中と言う自分が見えない所にされる恐怖。


事前に看護師さんや麻酔科の先生にも硬膜外麻酔が一番怖い!と伝えていたので先生達も声を掛けてくれたり優しめ?にしてくれてる様な感じはしたがやっぱり痛かった!!!


でも、かなり硬膜外麻酔にビビりまくってたせいか思ってたより痛くなかったかも?


ただ術後にこの麻酔の影響でとんでもない事態になるのですが…それはまた後のほど。


麻酔が終わりホッとしていると酸素マスクを渡されて「酸素吸ってくださーい。その後は眠くなる薬が入りますよー」と言われたのでマスクを吸おうとすると物凄い悪臭?ガス臭さ?が苦しくて吸おう吸おうとしてもむせ続けて非常に苦しかった。


でも、ちゃんと吸わないと全身麻酔が効かなかったら絶対に困る!!

中途半端に意識あるままお腹切られるなんて絶対に嫌!

と言う思いからゴホゴホむせながら必死に吸うことに集中してると気付いたら意識がなくなっていた。


よく言う数を数えるという経験が出来なかったのがちょっと後悔。


にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。